最近「仲介手数料無料」をうたい文句にする仲介業者さんが、すごく増えてきましたね。

「初期費用が抑えられます!」「弊社だけのサービス!」とか、なんだかとっても魅力的な感じがするものです。

もちろんこれって業法違反でもないですし、手数料がいらないなんて、なんて優しい業者さんなんだろって、私も思います。

でも同じ仲介業者としては、これってどうなんだろうなって思うんです・・・

 

仲介手数料とは、そもそもどんなもの?

そもそも仲介手数料とは、「購入希望」のお客様(一般の人も、業者も、全てお客様です)が物件を探しはじめ、色々と紹介してもらい、さまざまなアドバイスをしてもらい、気に入った物件を決めて、そして安心してご契約、ローンなど資金計画の段取り、お引渡し代金支払い決済、もちろんお引渡し後のお手続きや申請など、ずっとあなたに寄り添ってお手伝いしてくれる仲介業者さんに支払う、諸費用の一つですね。

一生に一度あるかないかの大きな買物ですから、安心して任せられる、頼りになる仲介業者さんに仲介してもらい、ステキなマイホームを手に入れるためのお金と言えるかもしれません。

また、「売却希望」のお客様(一般の人も、業者も、全てお客様です)が、購入してくれる相手を探し、宣伝広告や営業をしたり、物件の詳しい調査や契約関係書類の作成、重要事項の説明や契約のとりまとめ、安全に代金決済をしてくれる仲介業者さんに支払う諸費用の一つでもあります。

貴重な不動産を、少しでも良い条件で売却してくれる仲介業者さんに仲介してもらい、安心安全な売却を叶えるためのお金といって良いかもしれません。

つまり不動産取引を成立させ、いわゆる仲介業務を遂行した報酬として、我々仲介業者がいただくありがたいものなんです。

そしてこれは、我々仲介業者の唯一の収入源なんです。

 

仲介の仕組みです

皆さんがマイホームを買おうとしたとき、検索サイトで物件を探したりしますよね。

そこに掲載されている物件のほとんどは、我々仲介業者が、不動産流通サイト(皆さんは見られないサイトですね)から探して「これは売れそうだ!良い物件だ!」と感じて選んだものを掲載しているんです。

そして、その不動産流通サイトに登録してある物件の多くが、「売主さんが業者」で、この業者さん自らが「売主物件」として登録している物件です。

それ以外には、「売主さんが業者」や「売主さんが一般の人」で、この売主さん達から媒介契約で依頼を受けた仲介業者さんが「媒介物件」として登録している物件があります。

すでに売主さん側に仲介業者さんが付いているということですね。

基本的には、皆さんが検索サイトで物件を見つけても、それが不動産流通サイト上の「売主物件」なのか「媒介物件」なのかは分からないと思います。

 

もし、皆さんが検索サイト等で問い合わせたのが前者、不動産流通サイト上の「売主物件」だった場合、売主さんと買主さんである皆さんの間に、皆さんが問い合わせた仲介業者さんのみしか挟まらないですね。

つまり、皆さんからお問い合せをいただいた仲介業者さんは、売主さんと買主さんである皆さんの両方の仲介をできることになります。

最初にお話しした、購入希望のお客様からの仲介手数料、売却希望のお客様からの仲介手数料、両方をいただけるわけですね。

これが、「両手取引」などと呼ばれる物です。

 

ところが、皆さんが検索サイト等で問い合わせたのが後者、不動産流通サイト上の「媒介物件」だった場合、売主さん側にはすでに仲介業者さんがいて、買主さんである皆さんには検索サイトで問い合わせた仲介業者さんがいるわけですから、売主買主両方の仲介業者さんが挟まります。

つまり、皆さんからお問い合せをいただいた仲介業者さんは、買主さんである皆さんだけの仲介をできることになります。

最初にお話しした、購入希望のお客様からの仲介手数料、だけをいただけるわけですね。

これが、「片手取引」などと呼ばれる物です。

「両手」だろうが「片手」だろうが、仲介手数料はありがたくいただけるわけですから、普通の仲介業者さんはどちらも皆さんにご紹介しますが、「半分しかもらえないのはいやだなあ」と、「片手取引」の物件は紹介しないなんていう仲介業者さんもいたりするようですね。

仲介の仕組み、なんだかややこしいかもしれませんが、なんとなく分かっていただけましたでしょうか?

 

「仲介手数料無料」にできる理由は?

それでは、「仲介手数料無料」と大々的にセールスしている仲介業者さん、どういうやり方なんでしょうか?

答えは簡単。

不動産流通サイト上の「売主物件」、つまり「両手取引」できる物件だけ、皆さんに「仲介手数料無料」としてご紹介するんですね。

これなら買主さんである皆さんから仲介手数料をいただかなくても、「売主さんからだけもらえばいいや」と、自ら「片手取引」にしちゃうんです。

本当にすごいなあと思います。

不動産仲介って、買主さんが皆さんのような一般のお客様の場合、むしろそちらにかけるウェイトの方が大きいのに。

例えば以下のような感じです。

・売主さん有利の取引にならないようにしっかり交渉

・物件のデメリットや注意点の調査

・お客様のご希望条件にあっているのか

・資金計画や返済計画に無理はないのか

・ローンはどこが有利か、そもそも借りられるのか

・役所への届出は、必要書類の入手方法は

・ご購入後の生活設計は

これだけではなく、もっともっと、たくさんあります。

にもかかわらず、「売主さんからだけもらうから、あなたからはいただかなくて良いですよ」ですから。

すごいですね。

 

だからやっぱり、「仲介手数料無料」ってどうなの?と思うんです

 

これも最初にお話ししましたが、仲介手数料は「我々仲介業者の唯一の収入源」です。

 

それなのに、「片手取引」に自らしちゃう、つまり半分にしちゃうということは、単純に2倍の件数を仲介しないといけないんですから、よほどたくさんこなせる自信があるんでしょうね。

また、手数料をくれるのは売主さんで、買主さんはくれないわけですが、それでも、均等な、平等な、売主さん側に片寄らない交渉ができる自信もおありなのでしょう。

それとそれと、「仲介手数料無料」だからといって、それ以外に何か手数料的なもの、例えば、「ローン取次手数料」とか「事務手続料」とか、仲介手数料以外に請求したら良くないものを、請求するなんてしないんでしょうね。

そもそも、不動産流通サイト上の「媒介物件」は、どんなに良さそうな物件でもご紹介しないのでしょうね。

仲介手数料無料の「片手取引」どころか、タダ働きになっちゃいますから。

 

これで「仲介手数料無料」なんて、私にはとてもとても、まねできません。

 

私が考える「不動産仲介」、「仲介手数料」

私はお客様のお相手、お手伝いを、最初のお問合せからお引渡し、その後のライフプランニングまでするのが不動産仲介業者だと考えています。

 

問合せはメールで受けて、ご案内は営業マンが、重要事項説明や契約関係は事務担当者、ローンは銀行に手続きに行くように指示され、最後のお引渡し代金決済だけご一緒して、引き渡した後の不具合や質問は売主さんに言ってくれ・・・ 中にはそんな仲介業者さんもあるようですが、それは絶対に間違いだと思うんです。

 

私は、1件のお客様にお問い合せをいただき、ご希望を聞いたりご案内したりを経て、ご満足いただいたうえでお引渡しを迎えるには、早くても3か月くらいはかかると考えています。

そしてこの一部始終を、一人の担当者、つまり私がお手伝いさせていただくのが当たり前と考えています。

そうすると、一度にお相手できるお客様の数は限られて当然ですし、そんなに何件も何件も流れ作業でできるわけないはずです。

不動産仲介業は、そういう仕事だと思っています。

 

お話し上手の、宅建取引士資格もない営業のお兄さんに案内してもらい、その後、初めて会った事務方の人にいきなり重要事項説明されたうえで契約し、ドキドキしながら銀行の初めて会う担当者さんにローンの申込をしに行き、お引渡しのときに最初の気の良いお兄さんに「おめでとうございます!」って言われてもなあって思うんです。

 

「仲介手数料無料」とアピールしていらっしゃる仲介業者さんは、きっと私と同じように考えていらっしゃるでしょうし、先ほど書いたような仲介業者のようなことは絶対にしないのでしょうから、それは立派なことだと思います。

でもそれならば、私はしっかりとご説明、ご安心いただき、しっかりと取り組み、しっかりとお客様のマイホームご獲得を叶えていただき、その後の生活や不安もしっかりと寄り添えるようにしたうえで、

「一生に一度あるかないかの大きな買物ですから、安心して任せられる、頼りになる仲介業者さんに仲介してもらい、ステキなマイホームを手に入れるためのお金」

とご納得いただき、仲介手数料をいただければと思うのです。

以前、私が独立前にお世話になっていた、仲介業者さんの社長さんも、当時同じ考えでした。

社長さんも私も、自分のお客様は最初から最後まで、自分でお相手させていただきましたし、それなりに時間もかかったものです。

そして1件1件のお客様にご満足いただき、仲介手数料をいただくスタイルでした。

社長一人、従業員一人の小さな会社でしたから、年間にそんなにたくさんのお相手なんてできませんでしたが、それが当たり前と考えていましたから。

というわけで、まだまだ「仲介手数料無料」はアピールせずに、お客様にご満足いただいて成り立っている会社もあるものです。

お家探しやご売却、お部屋探し等不動産のこと、その他何でも結構ですので、ぜひ一度コナージュホームズにご連絡くださいね!